大喜利講師紹介

大喜利ファシリテーター/ワークショップデザイナー
山本 ノブヒロ(やまもとのぶひろ)

1980年生、山口県出身。立命館大学大学院 社会学研究科 博士前期課程修了。

日本唯一の「大喜利(=お題にボケるアクティビティ)」の研究者、専門家。

お題にボケるプロセスと構造、環境設計を「大喜利メソッド」として体系化し、体験型ワークショップを通して企業研修や高校・大学の授業に活用、「アクティブ・ラーニング時代の学び」を届け、これまで述2600人に「オモシロの科学」を伝授してきた。

中学一年生で不登校となり、自室にひきこもり生活。深夜ラジオの投稿コーナーを楽しみに毎日を過ごす。
居場所の無くなった学校での時間と人間関係を、ラジオから得た「一言で笑わせる」ことで切り抜けた経験から、「笑い」「ユーモア」の力・魅力を強く実感する。

大学・大学院では教育社会学を専攻、教員免許を取得するも、会社員として上京。

2010年から「山本妄想社」の名でオオギリストとして活動。ライブやイベントへの出演を重ねるなかで、漫才やコントとは異なる、大喜利の「お題にボケる」という営みに、学習効果や教材としての可能性を強く感じる。

2017年には青山学院大学でワークショップデザインを学び直し、参加型学習プログラムとしての【大喜利ワークショップ】を確立。
翌2018年、日本初となる習い事としての大喜利教室を新宿で開校。NHK『おはよう日本』大人が話術を磨く手段として特集されるなど注目を集め、300名以上の受講生を輩出。

2019年より法人向け事業をスタート。上場企業、三菱グループ企業等で社員研修・アイデア創発セッション等を実施。また同年には、経済産業省「EXPO WORKSHOP 2019→2025 万博大喜利ワークショップ」を監修。近畿4件の地域住民に大喜利を通した交流と学びの場を提供した。

お題にボケる「大喜利」の営み、そこに生じる「感性の発信」の価値と学習効果について、学会登壇や学会誌への寄稿などに取り組む現役の教育学者でもある。

「感性を発信できる人材」
「正解のない課題に強い人材」
「提案・探求を楽しめる人材」
の育成を通して、日本社会を明るく、楽しく、オモシロくすることを目指している。

相愛大学共通教育センター非常勤講師。日本アクティブ・ラーニング学会正会員。


■■実績

■■ 講座・研修・ワークショップ

【企業研修】
人材業界(上場)若手営業職向け(2019)、
工業機械メーカー(非上場)新入社員向け(2019)、
運輸業界(上場)リーダー育成研修(2020)  他

【コンサルティング】
重工業メーカー(上場)新規事業開発チーム アイデア創発セッション 企画・開発・監修(2019)
経済産業省「EXPO WORKSHOP 2019→2025 万博大喜利ワークショップ」監修 (2019) 他

【学校教育】
相愛大学「市民性(シティズンシップ)育成論」非常勤講師(2020)
湘南工科大学「文化をはぐくむ」ゲスト講師(2017~2020)
東京経済大学「就職対策講座」ゲスト講師(2018~2020)
都立田柄高校「コミュニケーション・プレゼンテーション講座」ゲスト講師(2017

【市民講座】
初心者向け大喜利体験スポット 『ひなどり』/ 中級者向け大喜利教室『わかどり』(2018~)
大学生・若手社会人向け「コミュニケーション特講・大喜利で学ぶ、コトバの力」(2018)
士業・先生業向けビジネススクール 「オモシロは、つくれる。大喜利メソッド講座」(2020)

■■ メディア出演
【テレビ】
NHK 「おはよう日本」 「オイコノミア」、
日本テレビ「月曜から夜ふかし」、
テレビ東京「モヤモヤさまぁ~ず2」「モーニングクロス」「チマタの噺」他
【新聞】
日経MJ(2014.11.12号)、神戸新聞 (2019.9.24朝刊)
奈良経済新聞(2019.10.14朝刊)、京都新聞滋賀版(2019.11.18朝刊)
【Web】
マイベストプロ東京
「お題にボケるメソッドを活用!大喜利ファシリテーター 山本ノブヒロ」


■■ イベント・興行等 監修

劇団ClownCrown 大喜利xインプロ公演「笑!Mast go on」(2017,2018)、
パズる会2017合宿(2016,2017)
経済産業省「EXPO WORKSHOP 2019→2025 万博大喜利ワークショップ」(2019)
他多数