講演/「大喜利とオモシロ」講義形式授業

講演、講義形式の授業のご要望は随時受け付けております。 お問い合わせはこちらから

【参加型授業】高校・大学での大喜利ワークショップ

■実績

4年制大学 工学部系 初年次基礎クラス(単発/三コマ構成、20人~120人)
4年制大学 経済・経営学部系 就職対策講座(単発、100人)
都立高校 総合的な学習の時間 コミュニケーション・プレゼンテーション講座(単発)

「大喜利(=お題にボケる言葉あそび)」は、 寄席やバラエティ番組等のなかで「お笑いのコンテンツ」 として知られ、親しまれています。これを「観て楽しむコンテンツ」でなく、【アクティビティ】 として楽しみながら、

 ・自己有用感   ・発信性   ・チャレンジ精神
などの基礎適正、コンピテンシーや

 ・想像力  ・応用力  ・読解力  ・プレゼンテーション能力
等のスキルの向上を実現するのが、

山本ノブヒロの「大喜利ワークショップ」です。

教育現場に「お題にボケる」大喜利メソッドを活かす

大喜利を今まさに求められている「新しい学力感」と、大喜利メソッドの親和性の高さは言うまでもありません。

参考 : 「大喜利」のチカラ

お題にボケる「大喜利」を通して、
しかし、ただ、やみくもに、テレビの真似事のような授業を実施するのでは、生徒・学生たちの学びを促すことは容易ではありません。

科学的な「大喜利メソッド」に基づいたプログラムデザインによる参加促進で、学習効果の最大化を測ります。

生徒・学生の参画をデザインする

エンタテイメント性のある事柄を、学習環境に持ち込むのは容易ではありません。
学習者に「恥をかきたくない」という心理がはたらくからです。

本研修では、独自の参画手法と環境デザインによって、その心理的ハードルと自ら戦い、超えていくためのスキルも合わせて向上させます。

一部の「前に出ることができる生徒・学生たち」のための時間で終わらせない、「気づきの種」を「芽吹かせる」ためのプログラムを、学校のニーズ、学生・生徒の質、単元目標・達成目標に合わせて独自にデザインし、提供いたします。

 

大喜利ドットジェーピーは、大喜利のチカラを活用し、学びの活性化を実現する/具体的なスキルアップを実現するための、最適なご提案をいたします。

お問い合わせはこちらから